七五三を撮影する写真館を選ぶ際に意識するべきポイントとは?

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/03/28

昔からある伝統行事の七五三。子どもの成長を祈願する行事として知られており、大切な我が子の姿を写真館で撮影したいと思っている人も多いのではないでしょうか?一生の思い出となる写真を撮るためには、写真館を吟味することが大切です。今回は七五三を撮影する写真館を選ぶ際に、意識するべきポイントを解説します。

七五三の写真を撮影するタイミング

七五三の写真を撮影するタイミングは、以下のように子どもが男の子や女の子かによって異なります。

・男の子は満3歳と満5歳

・女の子は満3歳と満7歳

伝統的には七五三は毎年11月15日に行われますが、現在では10月中旬から11月中旬にかけて、各家庭の都合のよい休日に実施されているようです。そのため七五三の写真も、上記の期間中に合わせて撮影するとよいでしょう。

11月に入ると七五三のハイシーズンとなり、写真館によっては予約で混み合います。事前にスケジュールの調整ができそうなら、できるだけ早く予約を入れておくのが安心です。

また家庭の都合や子どもの体調などを考え、七五三とは大きくずれた春や夏に写真を撮る家庭もあります。写真撮影にとくに決まりはないので、事情に合わせて日にちを決めてください。

写真館の種類ごとのメリット・デメリット

写真館と一口にいっても、場所や特徴によって大きく3つに分けられます。それぞれのメリットとデメリットは次のとおりです。

大手チェーンのメリットとデメリット

大手チェーンとは、ショッピングセンターなどを中心に店舗を出している写真館のこと。和装から洋装まで幅広い衣装がそろっており、親や子どもの好み、スタイルなどが実現しやすいでしょう。

時間が許す限り何度でも衣装は交換できるので、「どれにしようかな?」と選ぶ楽しみも味わえます。子どもに人気のアニメや映画のキャラクターと一緒に撮影ができ、子どもらしい写真も撮れるはずです。

スタッフはよく教育されていて、子どもの扱いも上手です。一人ひとりの緊張を解きほぐし、子どもの満面の笑みを引き出してくれます。

デメリットはカメラが固定であること。同じカメラでしか撮影できないため、全体的に他の子どもと同じような写真になってしまうかもしれません。また利用客が多いことから、七五三のハイシーズン中は混雑します。

■ハウススタジオのメリットとデメリット

2つ目はハウススタジオです。ハウススタジオとは一軒家風の写真館のこと。予約時間中は他の利用客はいないので、家族だけでゆっくりと七五三の撮影に臨めます。自然な雰囲気の写真を撮りたい人にもおすすめ。

一軒家で自然光がたっぷりと入り、さらにインテリアもおしゃれにしているところも多く、固い感じの背景ではなく自然な雰囲気の写真を撮影できます。

担当カメラマンの個性が生かされるのも、大きなメリットの一つ。カメラマンそれぞれの感性や好みが提案され、他にはない自分たちだけの一枚が仕上がるでしょう。

デメリットは大手チェーンよりも、衣装の数が少ないこと。また、悪い意味でもカメラマンの感性や個性が強く出るため、人によっては「合わない」と感じる可能性も否定できません。

■昔ながらの写真館のメリットとデメリット

街の商店街などにあるのが、昔ながらの写真館です。七五三を含むさまざまな写真撮影を行っており、馴染みの場所なら緊張することなく写真撮影に臨めます。ただし衣装や背景、撮影セットなどは限定されるのがデメリットです。

七五三を撮影する写真館を選ぶ際に意識するべきポイント

最後に七五三用の写真を撮る写真館を選ぶ際に、とくに意識しておきたいポイントを紹介します。

ポイント①写真の修正に対応できるかどうか

1つ目のポイントは、撮影した後の写真修正に対応できるかどうかです。肌のトラブルや子どもの歯抜け、衣装に付いたほこりや汚れなど、撮影後に写真の修正ができると写り具合が何倍にもアップします。

ポイント②衣装のレンタルができるかどうか

家庭によっては写真館で借りた衣装のまま、神社へ参拝に行きたいと思うかもしれません。写真館によって外出レンタルとしているかどうかは異なるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

ポイント③写真データをもらえるかどうか

3つ目のポイントは写真データをもらえるかどうかです。アルバムや台紙で写真をもらうだけでなく、データとして写真を残しておきたいと思う人もいることでしょう。遠くに住んでいる祖父母へメールで送ったり、SNSへ投稿したりと、幅広い用途で使えます

ポイント④料金はトータルで比較する

写真撮影の料金は写真館によってさまざま。また料金に何が含まれて、何が含まれていないのかも異なります。撮影料金や写真のプリント代、衣装代、ヘアメイク代など、必要になるものをあらかじめピックアップしておき、トータルの料金で写真館を比較するようにしましょう。

 

七五三の写真撮影は11月前後にするのが一般的です。ただし家庭の事情に合わせて、他の季節に撮影しても構いません。写真館の種類によって大きくメリットやデメリットが異なるため、各家庭の希望に合わせて選ぶとよいでしょう。

おすすめ関連記事